植毛にはいくつか方法があります

  • 植毛にはいくつか方法があります

    • 男性にとって髪の毛の薄毛は悩みのひとつです。



      薄毛を予防する育毛剤などで髪の毛を増やすことはできないため、髪の毛を増やすのなら植毛が良い選択です。



      植毛には自毛を使用した毛包単位植毛、FUE、ニードル、人工毛を使用した方法などいくつかあります。

      毛包単位植毛は自然な仕上がりと毛の高密度を実現している方法で世界のクリニックの大半が採用している方法です。

      頭髪は2〜3本ずつの毛の束が1〜2ミリの間隔で離れて生えています。


      それらの束を毛根から生えているそのままの毛包単位で植毛する方法です。顕微鏡を使用して作業を行なうこともあり、人工的に植えたとは思えないほどキレイな仕上がりです。



      FUEは、後頭部から毛のドナー株を採取するため直径1ミリ前後のパンチを使用して毛根をくり抜く方法で、メスを使わない、切らない、縫合の傷跡ができない方法です。



      大量のドナー株が必要になるようは広範囲には向いていません。



      ニードルは、サイズの違う数種類の針を使用して穴あけと植え込みを同時に行なう方法です。



      日本の多くのクリニックで採用されており、仕上がりはキレイで生え際の狭い範囲なら効果が期待できます。人工毛を使用した方法は、合成繊維でつくった毛を頭皮に植え込む増毛法で、素材は人体に馴染みやすいポリエステルやナイロンなどです。



      表面には人の頭髪にあるキューティクルと似た構造をつくることで自然に近いツヤ、色などを組み合わせて本人の頭髪と違和感がないように仕上がることができます。

      日本では認知度が高い方法で、希望通りに髪の毛を増やせたり、ボリュームアップをすぐに実感することができますが、人工毛は頭皮に細菌が侵入しないようアフターケアが大切になります。



      いくつか髪の毛を増やす方法はあるため、自分にあった方法を選択することが悩みを解決する近道になります。


  • 関連リンク

    • 人工植毛は一般的には合成繊維を頭皮に植えつける方法がとられているので、丈夫なのですが、髪の毛ではないものが頭皮から生えているので、違和感を感じてしまうことが多く、光の加減などで不自然な色になることもあります。また人工物を皮膚に埋め込むのでアレルギー反応や免疫の過剰な反応が出ることがあるので、拒絶反応に注意をしながら施術をしていくことが大切です。...

    • 植毛には、自分の毛を使うタイプと、人工毛を使うタイプの2種類があります。それぞれの特徴、メリットについてご紹介しましょう。...